大切な家族だからこそ、野生ではなく愛情を育む

間違いだらけのしつけ本

「しかられたこと」
「ほめられたこと」 を理解するのは、大脳の前頭葉にある思考の部分なのです。
それなのにしつけ本には「しかる」「ほめる」 と書かれているのはなぜ・・・?
ドッグトレーニングロードでは犬の能力の次元に合せた犬のしつけを行っています。

しつけ本に良くある、3つの真っ赤なうそ・でたらめ

[ 間違いしつけ その1 ]
・人間は犬より先に食事をするべき

野生の世界では 1つの物を奪い合って食べる時は、
上位の者から食べるという決まりがありますが、
「人間の食べる物」 と 「犬の食べる物」 は違う物なので、
上下関係が壊れることはありません。

人間が食べる前に犬のお腹を満たしてあげることが愛情なのではないでしょうか。
空腹の犬の前で、人間が食事をするのはイジメに等しいと思いませんか。

[ 間違いしつけ その2 ]
・犬を抱っこして、人間の肩に乗せてはいけない
・ソファや高い所に乗せてはいけない
・犬と一緒に寝てはいけない

このようなことは、人と犬との主従関係がしっかりしていれば、
何の問題もないことです。

[ 間違いしつけ その3 ]
・マズルコントロールで犬を叱る

このマズルコントロールはオオカミの生態行動学により、
オオカミ同士で相手の動きを止め、自分が上位だという意思表示の現われで、このような行動をするのです。
犬がいけないことをした時、いけないとマズルを持って叱っても、そのいけない事自体は理解できないのです。

TVとメディア情報
当サイトはリンクフリーです。
あなたのサイトに自由にリンクを貼って頂いて結構です。
詳しくはこちらをご覧ください。

wanwanstudio.com(わんわんスタジオ ドットコム)
犬のしつけ教室、しつけの悩み(トイレ・無駄吠え・噛み癖・子犬)、犬のしつけDVD・動画の情報サイトです。 Copyright2007 wanwanstudio.All rights reserved